なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「中華そば+チャーハンセット」@幸楽苑 モリシア津田沼店の写真5月19日13:20訪問。先客フードコート多数。
津田沼駅近く、モリシア津田沼のB1Fフードコートにあります。
家族連れの方々などで賑わってます。
空いていた2人掛けテーブル席に陣取り、オーダーカウンターへ。中華そば440円とチャーハンセット(半チャーハンと餃子)540円を注文。呼び出しブザーを渡されます。
セルフのお冷をついで着席・待機。
程なくしてブザー音が鳴って、受け取りカウンターへ。
半チャーハンは、濃いめの味付け。少しオイリーですね。
日曜の昼間、のんびりした雰囲気での食事。
いいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「酸辣湯麺+半チャーハン」@中華料理 食家の写真5月18日11:45訪問。先客なし。
地下鉄本所吾妻橋駅近く、ビルの3Fにあります。
席に座り、ランチメニューから酸辣湯麺790円と半チャーハン100円を注文。
あまり待たずにトレーに乗って配膳。
半チャーハンは、味付けよくご飯パラパラ。作り置きではありません。
ビルの3Fなので、ちょっと目立ちませんが、店内広くゆったりできます。
近くに来たらまた寄ります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン」@ラーメン ドラゴンボールの写真単品700円(味噌ラーメンセット1050円)。2019.05.17(金)、24:50頃訪問。先客2組5人、後客なし。立川で呑んで油断、久々? 土曜出勤なのに寝過ごしたorz 初めて降りる稲城長沼駅。駅前に何もない。ラーメンマップを開くと少し気になっていたドラゴンボールが。来てみた。鳥山明要素はなし。
入口近くに陣取ったが、やや店内カビ臭い。卓上には醤油、酢、辣油、一味、七味、黒胡椒。
トンコツで頼んだが、出てきた味噌ラーメンw↓
https://ramendb.supleks.jp/review/1234955.html

チャーハンはちゃんと中華鍋で炒めているが、鍋を熱くする前にコメ等を入れていた。
やや不安。けっこう長い時間炒めていたが、ラーメン調理もあり、出来上がり後しばらく放置で配膳。

放置プレーで、やや冷めているのが残念。
しかし、焦げも微かに適度に入っていて、香ばしさはアリ。
ちょいパラしっとりで、ちゃんと旨い。
味付けは塩胡椒味覇系に醤油少しくらいか。意外とちょうどいい味付け。
チャーシューは上乗せ。冷ためで、ラーメン同様ややくたびれた感じだが、味は普通にいい。
ほかの具材は卵、白ネギ。

熱々で出てきたら結構ハイレベルかも?

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天下無敵の焼豚炒飯  750円」@大阪王将 末広町店の写真此方グループにしたら比較的高価な品。

だがソレ相応の価値の有る「炒飯」だ!

大きめ角切りの炒飯がごろごろトッピング
され、叉焼のタレで仕上げた香ばしい炒飯。

それ以外は何て事のない仕様なんだが、
シンプルなだけに美味しい!量も結構有る。

超薄味の卵白入りスープと共に頂く。。。

炒飯自体はそんなに濃い味ではないが、
やはり炙り叉焼が香ばしく存在する粋な味。

コレで750円なら高くはない。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン 鳥唐揚げ」@味勝負 二代目 蝦夷の写真最近大食い界隈では人気のラーメンと定食が食べられるこの店に訪問しました。
開店は11時半からなので開店してからでも店内には余裕があるが昼過ぎはかなり混雑する様子、一番手で入店できたのでチャーハンと唐揚げを注文して出てくるまでが10分ほどでその間に客がどんどん入店してきて席のほとんどが埋まってしまう状況になった。
料理が出てきてみるとやはりかなりのボリュームがある、他の店の倍はあるくらいだ。
チャーハンは味はしょっぱすぎずで食べやすいがほぼ角切りのチャーシューやかまぼこが多いので食べ応えがあるので見た目より苦戦する、唐揚げは普通でも並みの唐揚げな倍はある大きさでキャベツと唐揚げを合わせた重さはチャーハンと同じくらいあるかもしれない。
最初は完食できるかと思ったが唐揚げの油もきつくなってきて唐揚げを三分の一残すことになった、幸い料理の持ち帰りもできる店なので残りを持ち帰り帰路につくことにした。
食べきれないのは久しぶりかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「半チャーハン」@麺飯店 貴一の写真味噌ラーメンとのセット。
食感はパラっとしている。
味付けは控えめで濃いめの味噌ラーメンには合う。
具はたまごとこま肉となるとのみとシンプル。
ネギが欲しいところ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「岡山えびめし」@Lunch&beer SUNの写真【要約】ほんのりソースの香りと海老の組み合わせを楽しむ、岡山版・地チャーハン。
【入店状況】2019-05-17 1941入店。先客20名ほど。駅ビル内・金曜夜ということもあってか店内は活気ある雰囲気。
【注文】岡山えびめし(770円)。以前、この店には新幹線待ちの間に、軽く飲みで使ったことがある。で、ここで提供している「えびめし」が気になっていたのだが、やっと食べることができた。
【待ち時間】4分。先客は多かったが意外と早く配膳された。
【ご飯】パラっとした仕上がり。見た目は塩っぱそうに見えるが、食べてみるとほんのりソースの香りと少し甘めの味付け。なぜかスプーンが進む。ご飯の量は200g少々か。ボリュームはそこまで多くないので、この店で軽く飲んだ後の〆にも良さそう(身体には良くなさそう)。
【具】小海老、錦糸卵、ハーブ。海老とソース風味のご飯との相性はなかなか。錦糸卵とハーブは彩りの役割。
【オプション】コンソメスープ。このスープが地域型チャーハンでありながらピラフぽさも醸し出しているのかも。
【感想】果たしてこれはチャーハンか?チャーハンと焼き飯の境界線はどこにあるのか、などど最初は考えていたけど、食べ勧めていくうちにそういう細かいことはどうでも良くなってくる。岡山を代表する地域B級グルメをしっかり堪能できた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン・味噌汁ぬき」@にのみや食堂の写真【要約】素朴な味わい。チャーハンというより焼飯という呼称が合う。
【入店状況】2019-05-15 19:00頃入店。先客2名、後続1名。
【注文】チャーハン・味噌汁ぬき(550円)。ここはたいていのメニューに味噌汁がつくが、減塩のために自分は味噌汁ぬきで注文している。
【待ち時間】6分。
【ご飯】しっとりしたタイプのもの。ご飯自体の味付けは塩胡椒でシンプルにまとめた感じか。ご飯の量は250g程度? 後半、やや単調に感じる。
【具】刻みハム、炒り卵、葱。刻みハムは子供の頃に親が作ってくれた「やきごはん」(我が家ではそう呼称していた)を思い出す。卵はやや大きめ。中華料理店のチャーハンとは方向性が違うのか。
【オプション】レタスサラダ。
【感想】中華のチャーハンに慣れてしまった自分には、やや旨味が控えめで物足りなさもあったが。しかし子供のころに食べていた「やきごはん」を思い出して、ちょっとほっこりした一皿でもあった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「半チャーハン」@元祖ニュータンタンメン本舗 平間店の写真半チャーハンセット1000円(単品400円)。2019.05.10(金)、23:15頃訪問。立川にて呑みの後、締めで途中下車。先客割といたような。卓上には醤油、酢、辣油、S&B黒胡椒(グラインド)。

半なのにガツガツ音でちゃんと炒めているのがわかる。
がっつり炒めの半チャーハン。ほくほくで到着。

焦げが微かに。香ばしさしっかり。
パラッとタイプではなく、しっとり寄り。コメはモッチリいい食感。
しっとりながら、オイルコーティングは適度でコメが立っている。
炊くときに豚ガラスープも使っているかも。
気のせいかもしれないが、風味があるような。
他の味付けはスタンダード。塩胡椒に味覇系を使っているかどうかくらい。

具材はそこそこ多い。
豚バラ微塵、蒲鉾微塵に玉子、白ネギ/青ネギ小口。
肉は薄めで強くないが、ほかの具材とともに微かな存在感が旨さに寄与している。

ちゃんとうまいチャーハン。
単品でも満足感あると思われる。

初めて辛さ普通で頼んでみたタンタンメンも間違いなし。
呑みの〆に最高。
https://ramendb.supleks.jp/review/1233256.html

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「炒飯」@拉麺 蘭蘭の写真ラーメン屋で食べる焼飯ではこの店が今までで断然No.1
焼飯専用で炊かれている御飯でパラッパラに仕上がっていて味も素晴らしい
+100で大盛に出来ますがボリュームも100点
純正で付けられている紅ショウガもマッチします

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件