なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「赤炒飯 600円」@キッチン840の写真平日の12時半前に到着。次のスケジュールに間に合わせるため、こちらで食事をとることにする。久し振りに来たが、相変わらず駐車場は混雑しており、時間をかけてやっと停める。入店すると2つある券売機前には各2名ずつ並んでいた。意外にも席は空いていた。辛いモノが食べたかったので、掲題のボタンをプッシュ。券を渡して窓側のカウンター席で待つことにする。

番号がコールされ、それを受け取り戻って食べることにする。炒飯は少し赤みを帯びているのが特徴的であった。食べてみるとピリッとした辛さと具材・ライスに一体感があって美味しい!よく見ると唐辛子片が入っているのがわかる。辛さは醤系であるが、豆板醤ではなく、何かオリジナルの醤を使っているのではなかろうか。さほどしょっぱくなく、動物系のコクが感じられた。それが行き渡っていて旨さになっていた。ライスの炊き加減は気持ち硬めでGOOD。出汁や具材と絡みも良く、パラパラ感がいい食感を出していた。量的にはやや少なめである。具材チャーシュー・なると・玉子・ネギ・唐辛子が刻まれた状態のモノ。細かくなっていることで食感良さにもなっており、ライスと併せてそれぞれ美味しく食べることができた。

赤みがかった色が特徴的な炒飯で、唐辛子と醤系の辛さでシンプルな味つけに厚みを加えている味わいであった。具材もシンプルであるが、それが美味しさに繋がっているのだと思った。ライスもパラパラ感が良いものの、少し量があってもいいと思った。退店時別なメニュー表示にラージャンという醤を使っていることが書いてあった。次回来ることがあれば、個性的なメニューを選んで食べてみようと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン(小)」@中華そば まるきの写真12月15日訪問。
食べてみるとかなりパラパラのチャーハンで美味しいです。すこし控えめな塩梅で、穏やかな味で落ち着きますね。後半は中華そばのスープと交互に頂くと更に美味しく満足度が高まりますね。どうもごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「幸せのはし特製チャーハン」@幸せのはしの写真880円。2018.12.07(金)、19:50頃訪問。先客5組12人くらい、8割入り。暗め、オサレな呑み屋雰囲気。
チャーハン王の霞ヶ関店に行こうとしていたのだが、閉店したことがわかったので、チャーハン検索でよく出てきて気になっていたコチラへ。
レギュラーサイズは2~3人前とあるが、飯利用であれば問題ない量とのこと。
卓上調味料は恐らく塩、胡椒。遠くにあるが自分の座ったカウンタから取れるところになく不明。
中瓶(590円)と。なます付き。ジャカジャカと中華鍋が振られる。思いのほか炒め時間は短め。

「当店のチャーハンは全てぱらぱら ほくほくです」とあり。
確かにパラパラ。乾きはなく、なかなかふわりと仕上がっている。
香ばしさは少し。味付けはシンプル。鶏系か中華調味料に、塩、胡椒。
粗挽きの胡椒が少し多め。辛さは出ないが、風味が全体に軽く入る。

炒め時間は短いが、コメにしっかり味が付いている。
色が付いているので、もしかすると炊く際に味付けが既に入っているかも。
やや硬めでいい食感。油は全体的に少なめで、コメ周りもテカテカはしていない。
少しだけ焦げが入っていていい感じ。

プリッといい食感の小エビがけっこう潜んでいる。風味もいい。
刻みチャーシューは脂部分も。柔らかめで、豚味、塩気ともによく、旨い。
卵は焦げない程度に火が入っている。
レタスのシャキシャキ食感いい。青ネギ小口、白ネギ微塵は鉄板。

量は250gくらいだろうか。少し多め。
バスマティまではいかないが、パラフワで軽めなので、サクっと食べられる。

スープが欲しいなと思ったが、ビールについてきたなますがいいアクセントに。
評判通りの旨さだった。スープが付いてくれば最高だなぁ。
会計が1620円だったので、席料が150円だろうか。この辺りで呑む機会は今のところないが、他の飯も旨そうだったので呑み利用にも良さそう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「排骨炒飯」@中華菜舘 清心の写真◆2018年12月再訪
陸の孤島本牧の深夜町中華の名店
午後10時過ぎ、既に満席状態。
カウンター席が運良く空き滑り込む
◼️排骨炒飯(¥920)スープ付き
炒飯の上に骨付き豚肉がドカンと乗る。
炒飯具材は長ネギ・卵・グリーンピース
しっとりめでシンプル炒飯
ほんのりカレー風味のカリっと揚げられた豚肉がとにかく旨いのだ。
スープは醤油ベースで長ネギのみ。
炒飯との相性は抜群。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「半チャーハン」@らーめん満福仙人 吉野町店の写真昔風の外観と作り。

麺と半チャーハンのセットを注文するよ

後の人も同じセットだったし、少し時間をおいて一緒に作り始めてます。ではでは・・・

うん。おいしい。予想よりはるかに!いやほんと

お米の状態がとてもいいよ。味は程よいか若干弱いくらい。具材もシンプルだけど、油も心配なく美味しく食べられるね

ご馳走さまでした。美味しかったです

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン小」@もっこすの写真名古屋栄「もっこす」のチャーハン小、約20年ぶりにいただき最高でしたが、本当の目的は一緒に食べた「台湾酢豚」130点でした。最高です。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「背脂焼豚炒飯」@中華 味一の写真【数量限定】850円。2018.12.01(土)、18:10訪問。中学同窓東京メンバー呑み@菜の花の前にフラリとこちらへ。ほぼ満席、カウンターにギリギリ滑り込み。卓上には醤油、酢、胡椒、辣油。
最近TVに出たようだ。東京五大炒飯とあり。そんなことを聞いたら食べざるを得ない。
しかし、ネットで探しても五大炒飯が見つからない。ソースはなんだろう?
他の四つも気になるのだが。

「店主が探しだしたチャーハンに合う国内産のお米を使用しシンプルでごまかしようのない腕がわかる一品。コシヒカリとひとめぼれを米の状態にしてから3日以内に使用しています。」

出来立てのハズだが熱々でない。
ちょいパラしっとり。香ばしさあり。
コメは少し硬め。コーティングもそこそこ。
味付けは塩メイン、胡椒はあまり効いていない。
やや薄めだと思ったが、だんだんと馴染んでくる。

刻みナルトがたくさん入っている。卵はそこそこ。

「背脂焼豚」部分はチャーハンにオン。
小さめの背脂が多めに。合う。白髪ネギもいい。
チャーシューは4,5枚。ふんわり柔らかめ。味付けそこそこ、豚味しっかり。旨い。
チャーシューのタレだろう醤油ダレが少しかかっていて、炒飯とも相性がいい。

スープは白湯醤油の恐らくラーメンスープ。
鶏ベースに野菜もしっかりのようだ。魚介も少しいるような。
旨い。こちらももう少し熱いと最高だが。

旨かったが、デフォ炒飯のほうがよかったのかも?
五大炒飯かと言われるとちょっと疑問符が。

餃子も普通に旨い。
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1194442.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン」@まる兵らーめん 前橋店の写真半分ラーメン屋。半分居酒屋。どっちかってゆーと居酒屋より。

チャーハンめちゃ熱い!ラーメンもあっつ!激アツよこれ
しっとりしててうまいこれ。味より熱さがたまらん。
いや、うまかったよ。マジで

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン中盛+餃子3個」@赤坂一点張の写真2018年も1か月を切り、そろそろ食べ納めを開始。
「赤坂一点張」に今年3回目の訪問。最近は店の前を通ると、
これまで以上に行列が出来ている気がする。。。

13:30過ぎに訪れ、5人程度並んでいたが回転が早いので5分程で入店出来た。

今回は、

チャーハン中盛
餃子3個

を注文。

チャーハン中盛(650円)+餃子(250円)=900円也。

5分程で料理が到着。

まずはチャーハンから頂く。今日は炒め過ぎのようで、場所によっては
若干パサついていたが、相変わらず旨い。

具材は、ネギ、玉子、コロチャーシューと非常にシンプルであるが、
塩っ気のある味付けで、ペロリと食べられる。

途中で一緒に出されるスープを飲む。
生姜が効いた醤油の清湯で、このスープがより食欲を増進させる。

そして餃子も食べる。

大きめで一口では食べきれないサイズ。ニラなどの香辛系と下味が
シッカリと付いている。野菜のザクザクとした食感があり旨い。

前回は炒飯の大盛を食べて苦しかったが、今回は中盛で丁度良かった。
まずは「赤坂一点張」の炒飯納めが完了……(゚Д゚)ウマー!!!!

http://interactive-salesmen.blog.jp/archives/77753609.html

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「カーウパックン 800円」@タイレストラン JIMJUMの写真新しいメニュー表を見るとこの表題名に。

前回食べた同じ物は「カウパットクン」
だったが、要するに発音の表記違いか?

タイの「海老チャーハン」には間違いなく、
それ自体は薄味で上品なので味は淡泊だ!

だが、前回ママさんに教えてもらった
酸っぱ辛い調味料「ピクナブラ」がメチャ
美味くてメチャ活躍する。コレがマジ旨!

爽やかな酸味とナンプラーの塩味。
そしてジワジワと来る結構な激辛加減…。
この風味とパンチはタイ料理ならではだ。

う~んまい!!!!
いつもランチで別の物を食べて、コレを
テイクアウトして晩飯として喰っている。

ご馳走様!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件