なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「サンラータンメンと半炒飯セット(¥800)」@百味鮮の写真2017.12.10 12:00ちょっと過ぎに訪問。前客沢山、後客15人ほど。この日は超寒かったので大和駅界隈で昼食と思い、ぎょうざのぽん吉に行ったけど満席で入れずorz
他の店をチェックするも中華気分だったせいかピンとこなかったので、長いこと未食のままだったコチラに落ち着いた次第。
接客の女性に案内され、2人掛けテーブルに着席。卓上のランチメニューから、サンラータンメンと半炒飯のセットを注文。
店は入口から想像するよりも奥に深い大き目なお店で、席数は見た感じでザッと50席ほど。接客担当の女性は日本語も堪能で接客も日本風ですが、店内の公用語は中国語。
件の女性は日本語でも中国語でも良く喋ることw。厨房からは中国語、客席では宴会っぽい元気な高齢者がいて、ちょっと煩いと思うほど賑やか(;^ω^)
注文後5分ほどでお盆に乗ってサンラータンメン、その3分後に半炒飯が配膳されました。野菜サラダと杏仁豆腐付きです。

半炒飯は正しく半量です。ご飯はパラットした仕上がり。見た目茶色っぽいですが、香り付けに醤油を使っているようです。味付け自体は程よく薄め。具はチャーシュー、人参、玉子、ネギ。具の量は平均的かな。

昼から堂々と飲める、実は便利なお店。元気な高齢者に家族連れ、サラリーマンと客層も豊富。味は悪くないし、メニューも豊富。なんとなく繁盛している理由が分かったような。。御馳走さまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ニンニクチャーハン」@谷記 御徒町店の写真580円。2017.12.08(金)、20:00頃訪問。入り口すぐの孤立席に。店員、客が通る度に入り口が全開になり、そのままで寒め。奥の様子ほほわからず。けっこう賑わっているが。厨房隣りのため、中国語が飛び交っている。
卓上には醤油、酢、辣油、胡椒。

油しっかりでちょいパラ。
ニンニクはドライガーリック? 湿気ったフライドガーリック?
色は薄めなので、風味はドライガーリックっぽいが、揚げによる焦げも見える。
ゴリ、ザクリとした食感で歯に詰まる。ニンニク風味は文句なし。

ベースのチャーハンは塩気控えめでやや薄味。
ライスに風味は移っておらず、全体にけっこう入っているガーリックを食べるとグワっと風味が来る仕様。
玉子多め、ふんわりめ。
豚肉はそこそこ入っているが、印象なし。ラーメンのチャーシューと別物で、刻みチャーシューって感じじゃない。
人参、コーン、グリンピース少し。ミックスベジタブルだなコレ。
量は昼飯一食には少ないが、割とあり。

普通のチャーハンにニンニクをあと混ぜのような仕様で、コレはコレで面白い。
ニンニクラバー的に満足なニンニク量もあり。
ガーリックの湿気った感は下ブレなのか仕様なのか。。コレがもう少し違うと最高なのだが。

ラーメン↓
https://ramendb.supleks.jp/review/1111399.html
餃子↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1111575.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

海老と蟹が入ったチャーハンです。他にも、卵やネギ、ピーマンといった具が入ってますね、ピーマンはグリンピースの代わりでしょうか。相変わらず美味しいです。

チャーハンは結構パサパサしているので、付け合わせのスープを掬いながら食べました。こちらは味が濃く、やや薄めの味付けのチャーハンにしっくり味をつけてくれます。漬け物がついているのですが、こちらも味が強めで良いですね。

最近、こちらのお店は結構閑散としていて、大丈夫かなぁと心配になってしまいます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「麻婆麺とチャーハンのセット」@金龍坊 日向山店の写真2017.12.3 12:20頃にチャリッと訪問。前客12人、後客10人ほど。コチラは何時の間にか寿司割烹のお店から中華料理店に変わっていたお店。刀削麺を売りにしているみたいです。
空いていたカウンター席に座り、お得なランチメニューから麻婆麺とチャーハンのセットを注文。
店はカウンター9席、テーブル席が12席、小上がりも8席あり、席間を広めに取ったかなりゆったりとした作り。2階は宴会ができるみたいです。3歳くらいのお子さんがいたので、中国人の家族経営っぽい。大陸系では珍しく、日本風の接客が良い感じです。
厨房はあまり見えませんが、刀削麺を頼むと提供されるまで時間が掛ってるっぽい。まあ、タイミングにもよるでしょうが。。
小生が頼んだマーボー麺は注文後13分ほどで配膳されて着丼。前客よりも早く提供されました。

半チャーハンはパラットした仕上がりで、半らしい量。味付けはシンプルに塩コショウで、味付けは薄め。具は木耳、葱、人参、玉子。チャーシューは入っていませんが、中華料理店のランチでは良くみる仕様。もちろん、チャーシューが入っているお店もありますが。木耳は珍しいですね。

所謂、四川風でも日本風でもない麻婆麺。中華料理は奥が深いですなぁ。今度は刀削麺を頼んでみましょう。御馳走さまでした

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン」@中華料理 タカノの写真仕事が丁寧です♪
チャーハンはパラパラでフワフワ
グリーンピースじゃなくて枝豆なのが嬉しい♪
他の料理も美味しいよ(^o^)/

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンと半チャーハン」@中国料理 居酒屋 竹の子の写真12月10日12:15訪問。先客なし。
東武亀戸線東あずま駅近くにあります。
席に座り、セットメニューからラーメンと半チャーハン650円を注文。
テレビを観ながら待機。で、あまり待たずに目前に。
半チャーハンは、作り置きかもしれませんが、味付けよくご飯パラッとしてて良いです。
街の中華屋さんですね。平日は近くの会社員の方々で混むんでしょうね。
また近くに来たら寄ります。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ラーメンと一緒に頼んでみた 680円の税

具はチャーシュー 炒り卵 浅葱
ご飯はパラついており油分はあまり感じない 味付けはかなり薄め 約200g スープはなし

チャーハン単品で頼んだが味付けが薄すぎること以外は普通に食せる
人気のメニューだとシラスチャーハンなる物があった 880円

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン半ラーメンセット(しょうゆ味)」@東京ラーメン 大盛軒の写真840円(チャーハン単品スープ付きは740円)。2017.12.04(月)、15:30過ぎ。江古田駅前で昭和53年創業。元々は単一店舗だったようだ。光が丘で30年以上営業しているとある。フードコートに移ってはいるが、調理場を見るとベテランが多く、老舗っぽさがある。
この時間でも3,4組客あり。持ち帰りの窓口にもチラホラ客がいる。
受取口に醤油、酢、辣油、餃子のタレポン酢、餃子のタレ辣油パック、辛子、一味。卓上に胡椒。
チャーハン単品スープ付きは740円なので、100円プラスで麺入りになるようだ。けっこうお得な感じがする。
半チャーハンはなし。CP考慮&orチャーハンに自信があるか。
餃子提供からほどなく、コチラのセットが提供された。

炒めたてで、半ラーメンとともに提供。
先にきた餃子も香ばしさがあったが、炒飯もしっかりと香ばしさあり。
ギュムっと最後に圧縮して盛り付けっぽく、見た目より密度あり。
ちょいオイリーだが気にならず。圧縮故もあるもしれないが、しっとりタイプ。

塩胡椒、少し醤油、中華スープ系のベーシックな味わい。
味の濃さ、塩分は若干濃いめくらいで、最後まで飽きがこない。
具は刻みチャーシューがけっこう入っている。青ネギ(白ネギ青部分ぽい)も割と入っていてシャキッといいアクセント。あとは刻みカマボコと玉子。

量はしっかりとあり。
半ラーメンのスープともよく合う。

ギョウザ↓
https://gyouzadb.supleks.jp/review/1110683.html
半ラーメン↓
https://ramendb.supleks.jp/review/1110574.html

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「五目チャーハン」@華香亭本店の写真◆2016年11月下旬 再訪
※餃子でもレビューあります
■五目チャーハン(¥900)スープ・漬物付
サイズ:普通でお椀型 頂上には卵をまとった海老2匹
具材:エビ・叉焼・長ネギ・卵・椎茸
しっとりめの炒め加減、角切りの叉焼に椎茸と具材が
イイ感じで主張しています
スープはシンプルな醤油ベース、付け合わせの漬物が
抜群に旨いです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーハン」@姑娘の写真◆2016年11月中旬 初めての来店
※残念ながら閉店したようです
相鉄線「西横浜駅」から8分ほど歩くと賑やかな
藤棚商店街にたどり着きます。
屋号の姑娘(くーにゃん)は中国語で「若い娘」なんだとか
ガラス張りで入りやすい町の中華

■チャーハン(¥650)スープ付
注文から2分足らずで着ドン
サイズ:普通、綺麗なお椀型
具材:叉焼・長ネギ・卵のシンプルさ
脂:少な目でありながらしっとり
閉店していなかったら、もう一度食べたいチャーハン
化調も少量で実に食べやすい味わい
スープはシンプルな醤油ベースで長ネギのみ

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件