なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チャーハン(¥650)」@富久栄楼の写真完全別のお店です。

以前は大将とダブル女将のオペレーションだったコチラ「富久栄楼」。現在は若大将一人のオペレーションになっており、メニューも全然違います。故に古き善き町中華のメニューを頂くことは出来ません... と言うことで、本日は「チャーハン」を頂くことにしました。

お店は大陸の店主さんだと思われるのですが、日本語流暢なので、ちょっと分かりません。メニューを見ると、以前のメニューは全然無くなっております。

個人的にはコチラで提供されていたカマタタンタンメンを頂きたかったのですが、担タン麺なるメニューはありますが、みそ味と書かれております。全然違うもの以上に、担々麺でも無いって不思議です。かなりチャレンジャブルなメニューです。

そのメニューは油でベタベタ... 紙しぼが提供されるたので、それで指を拭います。オペレーションを見ていると、超スピード調理!具材とご飯を一気に投入して、中華鍋を振るったと思ったら、お皿に盛り付け、あっと言う間に配膳です。

さて「チャーハン」。スープにレンゲ、チャーハンにスプーンとダブルで両手で頂くことが出来ますね。先ずはスープを頂くと、鶏ガラベースに醤油のカエシで、何の変哲もないスープです。ある種可もなく不可もなくですが、悪くありません。刻みネギがやたらたっぷり入れられているのが嬉しいですね。

続いてチャーハンを。具材は刻みナルト、玉子、ネギとシンプル。味わいは塩胡椒ですが、非常に味付けがライトです。逆言うと、味のないチャーハンと言う感じです。故に追い胡椒と追いニンニクしてしまいました。ご飯の炒め具合が弱いですねぇ~ これじゃ混ぜご飯って感じです。きっちり炒めないとチャーハンじゃないですよね。それでも完食完飲。ご馳走様でした。

以前は、近所の専門学校生で行列が出来たり、週末には家族連れで満席だったりと、ご近所さんに慕われたお店でしたが、いつの間にかオペレーションが変わり全然違うお店になってしまいました。故に客単価も上がり、益々お客さんは遠のいていく感じです。町中華の終焉には、色々なパターンがありますねぇ~(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。