なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「食神炒飯(700円)」@食神餃子王の写真10/14夜に訪問。
席が9割方埋まっている店内に進入し、口頭注文。
ジョッキで出て来た冷水をチビチビ飲んでいると、注文後5分以内で即座に配膳。
米は約3%のダマを除き、非常にパラパラな仕上がり。かなり強い旨味に、単体で尖ってはいないが旨味の輪郭をドライ且つキッチリ際立たせる塩気と、食味に心地好い強さをもたらす多めの油分が好ましく続く。
具は概ね5mmから10mmのサイズな標準的五目炒飯仕様。平均目測直径5mmでアスパラの様な食感のニンニクの芽的な詳細不明の緑茎野菜は硬めの食感でアクセントを醸し、しらすは魚旨味と塩気を非常に効果的に料理に添加し、干し肉的な粒チャーシューは食感と肉旨味と滋味塩気を時折発散。少なめな卵は柔らかく火が通ったニンジンと共に、控えめなソフトアクセント。レタスは例外的にかなり大きめなカットで、油にまみれたシナシナ食感の芯にシャリシャリな噛み応えを内包しており、箸休めともブーストともつかぬ役割を発揮。
炒飯の合間に啜る付属スープは、中華料理店で常套なトロミ卵仕立て。卵の甘味&滋味がトロミと相乗し、丸く穏やかで後を引かないあっさりした旨味が生成。塩気は目立たないが、一気に飲んだ際は好ましく立つ。
そんなこんなで、平均的ご飯茶碗2杯強のかなりしっかりした飯量を完食し、スープも完飲。
しばらくジョッキ冷水を飲んでマッタリした後、会計&退店。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。